鷹打線が5回に一挙8点の大爆発 3か月ぶり2ケタ得点も

2021年09月04日 16時24分

5回に4号2ランを放ちナインと喜ぶソフトバンク・中村晃

 ソフトバンクが4日のオリックス戦(ペイペイ)で打線が久々の爆発を見せた。

 1―2と1点ビハインドで迎えた5回だった。オリックス先発・スパークスマンの連続四球を足掛かりに無死満塁のチャンスを作り、まずは甲斐の中前への2点タイムリーで逆転。さらに牧原の適時打でリードを2点に広げた。

 ここで終わらなかった。二死となり満塁からデスパイネが3番手・張の直球を捉えて走者一掃の適時二塁打。さらに続く中村晃が右翼ホームランテラスへの4号2ランを放った。打者11人の攻撃で一挙8点を奪って逆転に成功した。

 続く6回にも追加点を奪い2ケタ得点をマークした。ソフトバンクの2桁得点は今季3度目。6月5日の阪神戦(甲子園)以来、およそ3か月ぶりとなった。

関連タグ: