楽天・安楽一軍スタート デーブ監督「突っ走らせない」

2015年01月21日 17時20分

監督・コーチ・スタッフ会議に出席した大久保監督。左は橋上ヘッドコーチ

 楽天のドラフト1位右腕・安楽智大投手(18=済美)の久米島キャンプ一軍(久米島班)スタートが21日、決定した。

 

 この日、コボスタ宮城で楽天の監督・コーチ・スタッフ会議が行われ45人が出席。約2時間半の会議後、会見した大久保博元監督(47)は「最初の13日間は久米島班、仲里班に分ける。そこから金武町にいくメンバーを決める」と従来の一軍、二軍から呼び方を変更したと説明。そのうえで安楽について「コーチが上手に止めながら突っ走らせない。ボクらの下で13日間見たい」と理由を明かした。楽天の高卒ルーキーの一軍スタートは昨年の松井裕樹投手に続いて2年連続。07年の田中将大投手を含め3人目となった。