投打ともに大失速 広島の4連勝後に待っていた“落とし穴”

2021年09月02日 06時15分

見逃し三振に倒れベンチに戻る鈴木誠

 嫌なムードが漂い始めている。広島は1日のDeNA戦(横浜)に2―7で敗れた。投打がかみ合わなかった。先発の玉村は5回1/3を9安打されて5失点と炎上。打線も4試合ぶりに2桁安打しながらつながりを欠いた。

 前日の森下に続き玉村も安定しなかった。初回に2点を先制され、3回にも1失点。その後は粘るも6回に再び2失点。6回途中で交代し、7月2日の阪神戦から続けていたクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)もストップした。

 上昇気配を見せていた打線も再び湿り気を帯びている。この日は2番の西川が4安打、5番の坂倉が3安打したものの、2人に挟まれる3番の小園が5打数無安打、4番の鈴木誠が4打数無安打に終わり、得点に結びつかなかった。

 2連敗で単独最下位に転落。佐々岡監督は先発・玉村に「6回はちょっともったいなかった」とし、打線については「あと1本がつながらなかったというのが今日のところでしょうね」と語った。4連勝の後にとんでもない落とし穴が待っていた。

関連タグ: