巨人が小林&丸で先制! 同学年のエース・菅野に強力援護

2021年09月01日 19時08分

先制ツーランを放つ丸

 巨人が小林誠司捕手(32)の意外性のある打撃で先制した。

 1日のヤクルト戦(京セラ)で3回一死までパーフェクトのツバメ先発・高橋から小林が左翼越え二塁打でこの日、チーム初安打をマーク。

 さらに二死三塁から丸佳浩外野手(32)が、2戦連続となる16号先制2ランを右翼スタンドに叩き込んだ。ベンチはみこしを担ぐ「わっしょいポーズ」でお祭り騒ぎとなった。

 131日ぶりとなる復活白星をかけて登板した菅野が、3回まで無安打6奪三振と好投。原監督も「何とか打線も早く先取点をとってカバーできたら」とエースへの援護点を期待していた。同じ1989年生まれの同学年である小林、丸がエースを盛り立てる貴重な先制点をもたらした。

関連タグ: