巨人 “丸外し” 打線大改造実って4試合ぶり勝利 原監督「ワンチームだから」

2021年08月29日 18時58分

丸に代わって1番起用され、気を吐いた巨人・ウィーラー(左)
丸に代わって1番起用され、気を吐いた巨人・ウィーラー(左)

 打線改造が奏功した。巨人・原辰徳監督(63)が、5―1で4試合ぶりの白星を飾った中日戦(バンテリン)後、この日テコ入れを行った打線について言及した。

 この日のスタメンは、2戦連続で「1番・中堅」で起用された丸がスタメンから落とし、25日の広島戦(東京ドーム)以来安打が出ていなかった不調のウィーラーを「1番・左翼」で起用。前日の試合でベンチスタートとなっていた中田を「5番・一塁」に戻すなど、大幅な変更が行われた。

 早速効果は表れた。両チーム無得点で迎えた3回にウィーラーが中前打で出塁すると、続く坂本も中前打を放ち無死一、三塁とチャンスメーク。最後は吉川が犠飛を放ち、その間に三走・ウィーラーはタッチアップを行って先制点を奪い取った。

 その後も打線はつながり、4回には松原と高橋の適時打で2点、7回にも坂本と吉川の適時打で2点を奪うなど、この日は9安打5得点とG打線は好調。久々の快勝を決めた。

 試合後、原監督はウィーラーの「1番起用」について説明。「(決め手は)アミダ! 嘘だよ、へっへっへ(笑い)」とジョークを交えながらも「久しぶりに1番が2本安打打ったな。そういう意味では今日は良かったと思いますね」と満足そうな表情を浮かべた。

 さらには「わが軍はワンチームだからさ、誰がどこを打とうがさ、決められたポジションでベストを尽くすということ」とも説明。適材適所の中で個々の力が発揮されたことが、勝因の一つなのかもしれない。

関連タグ:

ピックアップ