巨人・中田翔の誕生で浮上した「清原氏も巨人復帰」の声

2021年08月20日 12時17分

清原和博氏(左)と中田翔
清原和博氏(左)と中田翔

 チームメートへの暴力行為で出場停止中だった日本ハム・中田翔内野手の巨人移籍が決まった。球界内には「まさか巨人とは」衝撃が広がっているのだが、本紙評論家の得津高宏氏は「これでキヨの復帰も『100%ない』とは言い切れなくなったんじゃないか」と、同氏のPL学園の後輩でもある清原和博氏の将来的な〝巨人復帰〟の可能性が見えたのでは、と指摘した。

「驚きました。まさか巨人が、という印象です」と語った得津氏は、続けて「このままだったら引退もやむを得ないのかなと思っていましたし、中田にとっては本当によかった。巨人では心を入れ替え、謙虚にイチからやり直すつもりでやるでしょう。野球をするチャンスを与えてくれた原監督には感謝しかないでしょうね」と電撃移籍を喜んだ。

 その一方では「これまでの巨人だったら、トラブルを起こした選手を獲ることは、なかなか考えられなかった。どこも手を差し伸べようとしなかった選手に、チャンスを与える決断をした原監督は、素晴らしいと思います。そういう意味では、キヨの巨人復帰はもうあり得ないのかなと思っていましたが、これで『100%ない』とは言い切れなくなったのでは。すぐにとはいかないでしょうが、解説などで野球の仕事にも復帰していますし、もう一度ユニホームを着るチャンスが少なからず出てきたのかな、と思ってしまいます」と話した。

 原監督は監督としての任期は今季までとなっているが、来季以降はGMとしてそのまま球団に残る可能性もあり、GMならコーチ人事などを決めることができる。今回の中田獲得は、将来的な清原氏の巨人復帰を予感させるほど、衝撃的だったということか。

関連タグ:

ピックアップ