日本ハム大谷 今年の自分を表す漢字一字は「翔」

2015年01月05日 17時23分

 日本ハム・大谷翔平投手(20)が5日午後、帰省先から千葉・鎌ケ谷市の二軍寮に戻り、早速約2時間の自主トレでプロ3年目へ始動した。

 ランニング、キャッチボール、マシン打撃で精力的に汗を流した大谷は「3年目になるので、また新たな気持ちでいる。特に変わったことをするつもりはないので、去年に引き続きやることをやっていけばいいと思う。去年を踏まえて今年どのような成績になるのかは楽しみ」と昨年マークした11勝、10本塁打にどれくらいの上積みが加わるのか、自分自身が一番期待している様子をうかがわせた。

 岩手に帰省していた年末年始は、大みそか・元日以外は母校の花巻東で同級生らと練習に励んだといい、体重は4~5キロ増の94~95キロをキープ。このままの状態でキャンプに向かうという。

 今年の自分を表現する漢字一文字を「ヒツジが入っているので『はばたく』にします」と、自身の名前の「翔」とした大谷。二刀流右腕のさらなる成長とその伸び幅に限界は見えない。