中日・大野雄が金メダルの喜びを語る「(木下雄に)1番に報告できてよかった」

2021年08月10日 14時33分

金メダルの喜びを語った大野雄大
金メダルの喜びを語った大野雄大

 侍ジャパンの一員として東京五輪・野球で金メダルを獲得した大野雄大投手(32)が10日、バンテリンドームで会見。「ほんまによかったなのひと言につきますね。僕だけじゃなくて全選手がオリンピックに選出されてからいろんなプレッシャーがあった。全勝で金メダルとれたのは全員が良かったと思います」と金メダルの喜びを語った。

 侍ジャパンでは大野雄と坂本(巨人)、田中将(楽天)、柳田(ソフトバンク)の4人が最年長だった。「僕自身はそんなに引っ張った出来事はなかったですけど、坂本選手はすごかったですね。最年長という自覚が見られましたし、初戦の声出しだったり、決勝戦の声出しもしてましたけどみんなが彼についていってましたね。巨人での普段のことはわからないけど、いつもよりもそういう姿を見せてくれたんじゃないかと思います」と特に坂本のキャプテンシーを強く感じたという。

 表彰式では3日に急逝した木下雄介投手(享年27)のために金メダルを空に掲げた。「残留練習中に『金メダル見せてくださいね』と言ってた。こういうことになってしまったので1番に報告してやりたいなと思ったのでそれができてよかったです」としみじみ。試合前にはチームメートにも金メダルを報告したが「ホームなのでここが。みんなの顔を見てうれしかったし、帰ってきたなという感じです」とホッとした表情を見せた。

「オリンピックは閉会して一区切り。これからドラゴンズの選手の一人としてチームの順位をひとつでもあげて勝利に貢献するのが僕の仕事なので後半バリバリ働きたいと思います」と後半戦に向けて気合十分だった。

関連タグ:

ピックアップ