巨人・原監督が7失点の戸郷に〝特大カミナリ〟「このままだと二流のピッチャー」

2021年08月03日 21時43分

6回7失点と炎上した戸郷

 巨人は3日のソフトバンクとのエキシビションマッチ(ペイペイ)に4―7で逆転負けを喫した。

 試合後、首脳陣からは3回までに7失点し、6回で降板した戸郷翔征投手(21)への苦言が相次いだ。原辰徳監督(63)は「大事に大事に彼を育てながら来ているけどね。大事に育てることによって全く荒々しさがなくなってきた。それと、対角線のボールの精度が非常に悪くなった。このままだと二流のピッチャーになっちゃうね」とかつてないほど厳しい言葉を並べた。

 宮本投手チーフコーチも同様で「(4失点した)3回は不運な内野エラーから始まったというのもあったけど、やっぱりあれを抑えてこそのエースへの道だったと思う」とピシャリだ。

 首脳陣は3回で降板させることも検討したというが、続投させたのは「このままで終わらせてはイカンなということで」(原監督)という何かをつかんでほしいとの〝親心〟からだった。最終的に戸郷は4回以降は得点を許さなかったが、次期エースにかけられる期待は、はるかに上の次元での結果だ。

 後半戦も先発ローテでフル回転が求められるだけに、宮本コーチは「戦闘モードに入ってもらわないと困る。しっかり管理していきたい」とお灸を据えた。

「自分にもカツを入れてしっかりやっていきたい」と気合を入れ直した戸郷は、どんな変わり身をみせるのか。

関連タグ: