巨人・長野は2億円でサイン 自主トレは「ケニアで」?

2014年12月24日 15時38分

 巨人・長野久義外野手(30)が24日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円アップの2億円でサインした。

 今季は右ヒジ、右ヒザを故障しながらも130試合に出場し、チームトップの打率2割9分7厘をマーク。打点も村田(68打点)に次ぐ62打点を挙げた。

 満身創痍での“強行出場”を振り返り「結構、大変でしたね。トレーナーさん、チームドクター、みなさんのおかげでなんとか出続けることができました」。

 シーズン終了後にヒジとヒザの手術を行い、現在はリハビリの真っ最中で「こんなにTシャツ、短パンを着たオフシーズンはなかったですね。リハビリに通っているので」と話した。

 経過は順調といい、「(ヒザより)ヒジの方が大変で(今は)日常生活が上手にできるようになってきたくらい。(ボールを使った練習は)2月に入ってからと言われている。(ヒザは)走るのはもうちょっとしたらできると思うんですけど、年が明けてから暖かい所で走った方がいいんじゃないかという話だったので、(自主トレは)ケニアでやりたいなと思います」と笑いを誘った。

 この日はクリスマスイブとあって、夜の過ごし方についても“追及”されたが「今から授賞式があるので、そこでクリスマスプレゼントもらいに行きます」とけむに巻いた。(金額は推定)