巨人・岡本和 髪形一新も打棒健在! 右翼スタンドにズドン「シーズンでも…」

2021年07月31日 15時00分

エキシビションマッチ初戦でさっそく1発を放った巨人・岡本和

 巨人・岡本和真内野手(25)が31日のオリックスとのエキシビションマッチ(京セラ)で、一発を含む2打数2安打2打点をマークした。

 岡本和らしい右翼方向への放物線が描かれた。6回に初球の146キロ直球をぶっ叩き、滞空時間の長いアーチをかけた。「シーズンでも打てるように頑張ります!」。前半戦を終えて27本塁打、80打点はともにリーグトップ。実戦は25日の侍ジャパンとの強化試合(楽天生命)以来、6日ぶりとなったが、少々の〝ブランク〟など2冠王には関係ないようだ。

 3回の第1打席では中堅フェンスを直撃する適時二塁打を放ち、6回の守備からベンチに退いた。
チームはこの日から公式戦中断に伴うエキシビションマッチがスタート。8月9日まで遠征が続くためか、岡本和は両サイドの頭髪を思いっきり刈り上げた新ヘアスタイルに〝変身〟。さっそく元木ヘッドコーチから頭を触られてイジられる場面もあったが、頼もしい打棒は健在だ。

関連タグ: