星稜OBの巨人・北村が出場辞退の後輩気遣う「僕らがしてあげられることはしたい」

2021年07月22日 16時25分

東京ドームで汗を流す巨人・北村

 悲しい現実に胸を痛めた。巨人の北村拓己内野手(25)が22日、部員の新型コロナウイルス感染により大会の出場辞退を余儀なくされた母校・星稜野球部を思いやった。

 石川県高野連は21日に星稜の県大会の出場辞退を発表。部員6人の感染が確認され、集団感染との判断に至ったためで、この日に予定されていた準々決勝の遊学館戦は不戦敗となった。

 後輩の歯がゆい気持ちをくみ取り、自身も悔しさがこみ上げた北村。「残念な気持ちは僕ら以上に現役の3年生は思っていると思いますし、違う形で僕らOBが何かできるのかなと考えてはいるんですけど、当然、その気持ちをわかってあげることはできないので、悔しいし残念ですけど、何かしてあげられることはないかなと…」

 さらに「最後の夏は特別ですし、まして戦わずして終わるのは、この世の中だから仕方ないっちゃ仕方ないことですが、心残り、後悔がないように残りの学校生活を過ごしてほしいなと思って、前向きな気持ちになれるよう僕らがしてあげられることはしたい」と、可能な限りでの全力サポートを誓った。

関連タグ: