【球宴第2戦】初出場の広島・森下「いつもと違う雰囲気でとても楽しかった」中日・柳との〝明大リレー〟も

2021年07月17日 20時46分

お祭りムードを満喫した広島・森下
お祭りムードを満喫した広島・森下

「マイナビオールスターゲーム2021」第2戦(楽天生命)で、球宴初出場の広島・森下が、全セの2番手で1―1の3回から登板。「こんなこと、なかなかない。そういうことができて良かった」と、先発を務めた大学の先輩・柳(中日)との〝明大リレー〟でお祭りムードを満喫した。

「いつも違う雰囲気でとても楽しかった」と3回の先頭・甲斐(ソフトバンク)の初球から6球連続の直球勝負。「直球でどれだけ抑えられるか」という、オールスターならではのテーマを、初舞台でもしっかりと実行した。

 結果的に7球目に初めて投じたカーブを中前へ運ばれ、出塁を許したのをきっかけに二死二、三塁で全パの3番・島内(楽天)に右前へ2点適時打を許したが、本人は「とても楽しかった」と笑顔。パの一線級との対戦を〝結果度外視〟で楽しんだ。

 とはいえ、球宴後には東京五輪メンバーにも選出されている赤ヘルの右腕。2イニング目の4回は、結果も内容もシーズンモード。レアード、中村奨、杉本をわずか7球で料理し〝本気〟を出した。

 降板後は「与えられた役割で、しっかりと結果を残したい」と次なる大舞台も見据えていた

関連タグ:
 

ピックアップ