阪神止まらん!梅野、青柳、近本、糸原、マルテ、サンズ、佐藤輝! 二死から7連打で一挙5点逆転

2021年06月29日 19時35分

2回、勝ち越し打を放った阪神・糸原
2回、勝ち越し打を放った阪神・糸原

 怒涛の7連打で一気に逆転! 阪神は3連敗で迎えた29日のヤクルト戦(甲子園)で、序盤に打線が爆発した。

 2回に先発・青柳が敵の4番・村上に先制ソロを被弾した直後の攻撃だ。先発・田口に二死まで奪われるも、8番・梅野が右前打で出塁し、続く9番・青柳も左前打。ここで1番・近本が右前に適時打を放って、すかさず1―1の同点に。「青柳さんがつないでチャンスだったので、ランナーをかえすことができてよかった」(近本)。さらに一、三塁から続く糸原も「にかくクリーンアップにつなぐという気持ち」と中堅前に弾き返し、2―1と逆転に成功した。

 一気に流れを引き寄せた阪神はさらにマルテ、この日4番に入ったサンズの助っ人勢も「あれだけみんなが打ってくれていたし、その流れを止めたくなかった」(サンズ)と連続適時打で続き、さらに2点を追加する。

 このイケイケムードに、怪物ルーキー・佐藤輝も続いた。なお一、二塁から田口のスライダーを右前へ運び、この一挙5得点。「二死から良い攻撃が続いていたので、なんとか続くことができるように、必死で打ちにいきました」と一塁ベース上で大きく手を叩き、喜びを表した。

 打者10人、二死から7連打の猛攻で2回までに5―1。「野球はツーアウトから」の格言通り名将・野村克也氏の追悼試合で虎が序盤からスキのない攻撃を披露した。

関連タグ: