ゴジラ健在!松井氏が巨人―阪神OB戦で4安打1打点

2014年11月16日 14時23分

2回、阪神OBの遠山氏(左)からフェンス直撃の二塁打を放った松井氏

 ゴジラが杜の都を沸かせた。「東日本大震災復興支援 巨人―阪神OB戦」は16日、Koboスタジアム宮城で行われ、巨人OBとして松井秀喜氏が「3番・右翼」で先発出場。初回二死無走者で第1打席を迎えると、阪神OBベンチはすかさず3番手で今季限りで引退したばかりの久保田智之氏にスイッチ。“本気モード”の対決にスタンドは興奮のるつぼと化した。

 左へ右へ特大ファウルを放った後、カウント1―2からの4球目を打ち上げて、中前へポトリと落ちるラッキーな安打。これには松井氏も一塁ベース上で照れ笑いを浮かべた。

 ボルテージが最高潮に達したのは2回、リードを3点に広げてなおも二死一、三塁の場面。マウンドに立ちはだかったのは、かつて「松井キラー」として一時代を築いた遠山奬志氏だ。

 巨人時代は「(遠山氏の)顔も見たくない」と口にするほど苦手意識を持っていた松井氏だが、この日はカウント2―2からの5球目をフルスイングすると、打球はグングン伸びて右翼フェンスを直撃。逆風に押し戻されて本塁打にはならなかったものの、豪快な適時二塁打で“ゴジラパワー”の健在ぶりを見せつけた。

 そして8点の大量リードとなった3回の第3打席。中田良弘氏の投じた3球目を打ち損じたが、相手野手陣が打球にまったく反応できずに左前へポトリと落ちる。

 5回の4打席目には藪恵壹氏と対戦し、4球目をとらえると、右翼線への痛烈な当たりでシングルヒット。6回の守備からベンチへ下がった。

 4打数4安打1打点の大暴れでスーパースターならではの存在感を見せた松井氏に、スタンドのファンは大喜びだった。