MLB軍赤っ恥!「侍ジャパン」4投手リレーでノーヒットノーラン!!

2014年11月15日 20時48分

5回をパーフェクトに抑えた則本

 若き侍戦士たちが歴史的快挙をやってのけた。日米野球第3戦は15日、東京ドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」がMLBオールスター相手に、4投手によるノーヒットノーランを達成。4―0で快勝し、無傷の3連勝だ。

 まずは先陣を切った楽天・則本が圧巻の投球を見せる。MAX153キロの直球を軸に、切れ味抜群の変化球でメジャー打線を5回をパーフェクトに封じた。6回から登板した2番手のオリックス・西は、先頭打者を四球で歩かせたが、安打は許さず、7回から西武・牧田にバトンを渡す。

 牧田は2四球でピンチを招くが、独特のアンダースローで幻惑し、無安打で切り抜けた。9回のマウンドに上がったのはロッテ・西野だ。先頭打者を空振り三振に打ち取ると、続く打者も二ゴロ、一ゴロと危なげなく仕留めてノーヒットノーランを達成した。

 打線は2回に巨人・坂本の1号2ランで先制すると、3回には日本ハム・中田の1号2ランで加点した。