広島ドラ3・大道がプロ初先発で5回ノーノー「自分の中では出来すぎ」

2021年06月11日 23時00分

大道温貴

 息詰まる投手戦だった。広島のドラフト3位・大道温貴投手(22)が11日のオリックス戦(京セラ)にプロ初先発をし、5回無安打無得点の好投を見せた。大道はここまで17試合を中継ぎで登板し2勝0敗、防御率3・20だった。

 初回、先頭の福田にいきなり四球を与えた。一死後に吉田正にも四球で一、二塁と得点圏に走者を背負ったものの、得点は許さなかった。2回以降は1人も走者を許さない快投。オリックス先発・山本とともに5回までノーヒット投球を見せた。

 大道は「5回投げれると思っていなかったので、自分の中では出来すぎかなと思ってます」と話した。「初の長いイニングだったので、中継ぎでやってきた1イニング1イニングを大事にしていくという成果が表れたと思う」とも話した。

関連タグ: