鷹・松田が「三塁手として1775試合出場」のパ新記録!「これからも元気を与えられるプレーを」

2021年06月10日 23時11分

「三塁手として出場」でパ・リーグ新記録を樹立した松田

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(38)が10日、パ・リーグ新記録となる三塁手としての1775試合出場を果たした。有藤道世(ロッテ)のパ・リーグ記録を更新した。

 ベテランの域になっても元気いっぱいの熱男。球団を通じて「今でも体が元気にプレーできていますし、たくさんの人に支えられて、ここまで積み重ねることができました。感謝の気持ちを持ちながら、これからも元気にプレーし続け、たくさんの人に元気を与えられるプレーをできればと思います」とコメントを出した。

 工藤監督も「これはやっぱり積み重ねなのでね。ここまで無事これ名馬でやってきた証しがね。おめでとうございますと言いたいです」と賛辞を送った。

関連タグ: