鷹3年目の野村が〝御前弾〟早実の大先輩・王会長視察の二軍戦で気合の3打点

2021年06月10日 06時15分

野村大樹

 ソフトバンク・王貞治球団会長(81)が9日、ウエスタン・中日戦(タマスタ筑後)を視察。早実の後輩でかねて期待をかける3年目・野村大樹内野手(20)の本塁打を含む2長打3打点の活躍を喜んだ。4回に放った左翼席への完璧な1号2ランを「素晴らしいホームランだった」とたたえた上で「その次のヒットが大きかった」と、右翼線におっつけて打った二塁打を高く評価した。

 試合前練習中に王会長から声を掛けられ気合が入っていた野村。「暖かくなってきて状態が上がってきている。打撃に手応えがあるので、いい打撃を見せたい」と語っていた通り、元気な姿をアピールした。

 定期的にファームを視察し、若鷹たちを鼓舞している王会長。相変わらず存在感は絶大だった。

関連タグ: