「何とかしないといけない」巨人・原監督が2戦29三振の打線に注文

2021年06月09日 21時45分

三振の多さに原監督も頭が痛い?

 巨人がまさかの〝三振地獄〟に陥った。

 9日のオリックス戦(京セラドーム)で巨人は1―3で敗れ、引き分けを挟み3連敗となった。先発左腕・宮城の前に13三振を喫するなどこの日は計14三振。前夜も15三振を喫しており、2戦29三振となった。

 試合後、原監督は「(投手に)いいところに投げられていますね。凡打も三振も一緒とは言えね、何とかしないといけないですね」と現状打破への決意を見せた。

 元木ヘッドコーチは「いろいろ(宮城の)データを取っていたけど、ちょっと(ボールの)軌道が違ったりしていたんで。そのへん、ちょっと苦労したのがあって、結果出なかったけど」と19歳左腕に舌を巻いていた。

関連タグ: