巨人・サンチェスがネックレス“没収”に気落ち? 直後に連打で痛恨の失点

2021年06月09日 19時45分

巨人・サンチェス

 巨人のエンジェル・サンチェス投手(31)が9日のオリックス戦(京セラドーム)に中5日で先発した。

 4回二死まで初回、宗のソロ弾による1点に抑えた右腕。だが、様相が一変したのは杉本に2ボールノーストライクとなった場面だ。

 着用していた金のネックレスを外して、いったんポケットにしまおうとしたサンチェス。しかし、球審・土山の指示でそれをボールボーイに渡すことに。その後、ネックレスは巨人ベンチへ届けられた。
 
 この“没収劇”に気落ちしたわけではないだろうが、サンチェスは杉本に左翼線二塁打を許すと、続く伏見に中前適時打。オリックス先発・宮城の前にG打線が4回まで無安打無失点に抑えられており、痛すぎる追加点となった。

関連タグ: