オリックス・吉田正が5月の月間MVP「まだまだ上位を狙えるので食らいついていく」

2021年06月09日 15時09分

オリックス・吉田正尚

 オリックスの吉田正尚外野手(27)が、5月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した。自身4度目の受賞に吉田正は「素直にうれしい。いい時、悪い時はあるけど、その日のベストを尽くすことだけ考えてやっている」と笑顔を見せた。

 5月は23試合に出場し、月間打率3割8分2厘、6本塁打、24打点。わずか月間4三振と〝三振しない男〟は「追い込まれたらしっかり逆方向に入って、それを積み重ねてやっているだけ。あまりそこは意識していない」と涼しい顔。

 自身の打撃とともにチームも好調なことには「1点でも多く取ることを心掛けているし、投手に球数を投げさせ、先に点を取られても逆転する一体感は出ている。まだまだ上位をねらえると思うので必死に食らいついていきたい」と先を見据えた。

関連タグ: