ソフトバンク武田 1失点の好投も悔しさあらわ「1球の怖さ、大切さを改めて感じた」

2021年06月08日 23時12分

武田(手前)は会沢に一発を浴びてガックリ

 ソフトバンクの武田翔太投手が、8日の広島戦(ペイペイ)で7回を3安打無四球1失点に抑える快投を見せた。

 序盤はまさに奪三振ショーだった。初回から3者連続三振を奪うと、3回も3者連続三振。4回を終えた時点で早くも9三振を奪う快投だった。

 試合は広島・大瀬良との投げ合い。しかし、今宮が均衡を破る一発を放ち、援護をもらった直後の7回に痛打を浴びた。二死走者なしから会沢に左翼ホームランテラスに運ばれる同点アーチを被弾した。5月日の西武戦(メットライフ)以来となる4勝目はお預けとなった。試合はそのまま1―1で引き分けとなった。

 降板後の右腕は「ストレート、変化球ともに調子はすごく良かったと思います。ただ、先制してもらった次の回にすぐ追いつかれてしまい申し訳ないし、悔いの残る投球となってしまった。調子が良かっただけに、とても悔しい。1球の怖さ、大切さを改めて感じました」と振り返った。

 もっとも、武田は勝ち星にこそ恵まれていないが、4戦連続で2失点以内に抑えており、安定した投球を続けている。工藤監督も「パーフェクトピッチと言ってもいいくらい。よく頑張ったと思う」と好投をたたえていた。

関連タグ: