広島3連敗で今季ワーストの借金8 佐々岡監督「今いる戦力でやるしかない」

2021年06月06日 19時55分

思うような復帰登板とはならなかった広島・高橋昂

 広島は6日の楽天戦(マツダ)に4―6で敗れた。同一カード3連敗で借金は今季ワーストの8まで膨らんだ。

 投打がかみ合わなかった。新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者に認定され、ようやく復帰した先発・高橋昂は4回3失点。後続の投手陣が小刻みに失点した。

 打線も13安打で4得点を挙げたが、最後まで追いつくことができなかった。復帰登板の高橋昂について佐々岡監督は「昨日の森下同様、調整がなかなか難しいと思ってはいたんですけど、やっぱり四球、死球という立ち上がりがあるように制球面がちょっとできていなかったかな」と話した。

 新型コロナウイルスの陽性判定を受けた9選手は全員、練習には戻っているものの、一軍に戻ってきたのは菊池涼、小園、森下、高橋昂とこの日から一軍に合流した鈴木誠の5選手だけ。それでも指揮官は8日からのソフトバンク3連戦(ペイペイ)に向け「とにかく今いる戦力でやるしかないですし、1週間の遠征になりますけど、またしっかりとした野球をするだけです」と話した。

関連タグ: