1か月ぶり登板の巨人・菅野は5回2失点 小林とのコンビ再結成に笑顔も

2021年06月06日 15時50分

今季初スタメンマスクの小林(左)と菅野

 巨人の菅野智之投手(31)が6日の日本ハム戦(東京ドーム)で復帰後初先発し、5回を投げて90球、3安打、6奪三振の2失点で降板した。

「右ヒジの違和感」を訴えて4回無失点で緊急降板した5月7日のヤクルト戦(東京ドーム)以来、約1か月ぶりの登板となった右腕は、この日が今季初スタメンマスクの小林とバッテリーを組み、〝スガコバ〟コンビを再結成。

 バッテリーの相性の良さで快投といきたいところだったが、初回から内野ゴロの間に1点を失うと、2回には王柏融にソロ弾を被弾し、2イニング連続失点。それでも、以降は安定感のある投球を見せ、3回から5回まではわずか1安打に日本ハム打線を封じ込めた。

 久々の女房役との試合に、時折楽しむような様子も見せた右腕。小林からのサインへの受け答えの際には笑顔を見せながら応対するなど、リラックスした表情も浮かべていた。

 なお、菅野の降板とともに6回からは小林も交代し、大城がマスクをかぶった。

関連タグ: