巨人・菅野がいきなり被弾で2イニング連続失点 〝スガコバ〟不本意な立ち上がり

2021年06月06日 14時52分

小林誠司(左)と菅野智之

 巨人の菅野智之投手(31)が6日の日本ハム戦(東京ドーム)で復帰後初先発も、2回に王柏融にソロ弾を浴びた。

「右ヒジの違和感」を訴えて4回無失点で緊急降板となった5月7日のヤクルト戦(東京ドーム)以来、約1か月ぶりの登板となった右腕は、この日が今季初スタメンマスクとなった小林誠司とバッテリーを組み、〝スガコバ〟コンビを再結成。

 バッテリーの相性の良さで快投といきたいところだったが、初回に内野ゴロの間に1点を失うと、2回には王柏融にソロ弾を被弾し、2イニング連続失点に…。思わず菅野も表情がこわばったが、すぐさま小林が駆け寄り言葉を交わすと、なんとか後続は3人で抑えて追加点は許さず。〝スガコバ〟にとっては不本意な立ち上がりとなった。

関連タグ: