広島逆転負けで今季最多借金7 佐々岡監督「そつない野球を相手にやられた」

2021年06月05日 19時34分

同点に追いつかれベンチで呆然とする広島・森下暢仁(右)

 嫌なムードが漂いつつある。広島は5日の楽天戦(マツダ)に3―7で逆転負け。先発の森下は7回途中を3失点と粘ったが、後続の投手陣が踏ん張り切れなかった。2連敗で借金は今季最多の7に膨れ上がった。

 序盤は悪くなかった。初回に森下が先頭・小深田に三塁打されるなどし1点を失ったが、その裏にすぐに追いついた。2回に宇草のプロ1号ソロで勝ち越し、6回には林の2号ソロも飛び出した。楽天先発・田中将から3点を奪った。

 空気が変わったのが7回だ。森下が先頭・辰己、太田に連続四球を与えるなどして一死二、三塁で2番手の森浦と交代。小深田のゴロで1点差とされ、二死三塁で鈴木大の適時打で同点とされた。

 8回に塹江が登板も先頭・島内に8号ソロを浴び勝ち越しを許す。岡島、黒川の連打と辰己の犠打を坂倉が捕り損ねて満塁。太田のスクイズで1失点し、なおも一死二、三塁で村林がスクイズした打球を塹江が本塁へ悪送球(記録は野選)。この間に2点を失った。

 佐々岡監督は「塹江がもう1点もやりたくないという気持ちが出たと思うけど、冷静にならなくてはいけないところでもあったし…」とした上で「そつない野球を相手にやられたのを反省して、また明日」と最後は前を見つめていた。

関連タグ: