DeNA京山 ロッテに3被弾で3回5失点の背信投球…今季初勝利ならず「申し訳ないです」

2021年06月04日 21時48分

ロッテ戦で先発マウンドに立った京山

 DeNA・京山将弥投手(22)が4日、ロッテ戦(横浜)に先発登板し、3回6安打5失点。4月28日の広島戦(マツダ)以来の一軍登板となったものの3本塁打を被弾するなど結果を残せず、4回の打席で代打を送られて降板した。今季4度目の先発登板に臨んだが、初勝利には至らなかった。

 終始自分のリズムを保てなかった。2回一死二塁から佐藤都に先制2ランを浴びた。桑原の4号逆転3ランで援護をもらって立て直したいところだったが、3回にマーティンのソロ、レアードには逆転2ランを許すとマウンドでうなだれた。

 打線が3回裏に5―5の同点に追いつき、負け投手にこそならなかったが、不本意な投球内容に終わったことに変わりはない。降板後の右腕は「ストレートの状態は良かったです。本塁打を許してしまった時は変化球が高くなってしまいました。早いイニングでマウンドを降りることになり、チーム、中継ぎ陣に申し訳ないです」と振り返っていた。

 チームは大乱打戦の末、7―11で敗れた。 

関連タグ: