阪神・佐藤輝 ソフトバンク・石川との〝モノノフ対決〟を制す

2021年06月04日 20時33分

6回に2安打目となる適時打を放った阪神・佐藤輝

 貴重な追加点は怪物ルーキーから――。阪神・佐藤輝明内野手(22)が単打で勝負強さを披露した。

 2回までに4点を先行した4日のソフトバンク戦。4―0のまま試合が一時、膠着状態になっていたなか6回、二死三塁で迎えた第3打席だった。
 ソフトバンク先発・石川が投じた3球目の内角カットボールをはじき返し、5点目となる右前適時打。「甘く入ってきたところをしっかり仕留めることができました。中盤で追加点がほしい展開だったので、良いところで打つことができて良かったです」という一打。この回で石川をKOした。

 石川は佐藤輝と同じく人気グループ「ももいろクローバーZ」のファンを公言する投手としても有名。オープン戦では本塁打、そしてこの試合でも2安打1打点と、怪物ルーキーは公式戦でも〝モノノフ対決〟を制した格好だ。

関連タグ: