阪神・大山 6号2ラン含む3安打も逆転負けに「勝利につながらず悔しい」

2021年06月03日 22時14分

2ランを放った大山

 阪神・大山悠輔内野手(26)が3日のオリックス戦(甲子園)で先制の6号2ランを含む3安打2打点をマーク。3―7の完敗劇の中、チームの主砲が一人、気を吐いた。

 ここしばらく低空飛行が続いていた4番の復調はチームとしては間違いなく好材料。矢野監督も「安打は出ても長打が出ないって試合が多かったからね。彼らしい長打がセンター方向に出始めたので、いいきっかけにしてほしい」と期待を寄せる。

 久々の打棒爆発となった一日だったがチームは敗戦。大山も「チームの勝利が一番なので、やっぱり勝利につながらなかったことは悔しいです」と素直には喜べぬ様子だ。虎の勝敗の責を一身に背負う主将らしく「自分なりに結果が出たことはプラスだと思うので、それをどうやって勝ちにつなげるかというところをしっかり反省して、またチームが勝てるようにやっていきます」と視線を前へ向けた。

関連タグ: