西武・川越が高校の先輩・G鍵谷から今季1号「打席では意識しました」

2021年06月03日 20時12分

高校の先輩・鍵谷から今季1号を放った川越

 西武・川越誠司外野手(27)が3日の巨人戦(東京ドーム)で今季1号ソロを放った。

場面は1―4と3点を追う7回だった。9番・武隈の代打でこの試合初打席に立った川越は巨人3番手で母校・北海高校の3年先輩に当たる鍵谷の2球目のフォークをコンタクトし右中間へ追撃の1号ソロを叩き込んだ。

 川越は「打ったのはフォークだったと思います。打った瞬間、ホームランになると思いました。相手投手が高校の先輩である鍵谷さんだったので、そこは打席では意識しました。打てて良かったです」とコメントを出した。

関連タグ: