大山の久々6号2ランで虎先制「しっかり仕留めることできた」

2021年06月03日 18時41分

先制2ランを放った大山

 阪神の主砲・大山悠輔内野手(26)が3日のオリックス戦(甲子園)の初回に、先制の6号2ランを放った。

 二死一塁の場面で打席に入り、フルカウントまで追い込まれると、相手投手・山崎福の投じた6球目のチェンジアップを強振。雨交じりの聖地の空に舞い上がった打球は、バックスクリーン右へ着弾した。

 大山にとってはこれが4月29日の中日戦(バンテリンD)以来のアーチ。「浮いてきたボールをしっかり仕留めることができました。早い回に援護することができてよかったです」と安堵の表情を見せた。

関連タグ: