巨人・吉川がまさかのズッコケ走塁 珍プレー披露も先制点につながる

2021年06月03日 18時40分

吉川尚輝

 まさかまさかのズッコケ劇だ。巨人の吉川尚輝内野手(26)が3日の西武戦(東京ドーム)に「3番・二塁」で先発し、初回の攻撃で珍プレーを見せた。

 場面は、吉川が四球で出塁し、二死一塁で迎えた岡本和の打席。岡本和が内海の投じた3球目をうまく捉えて左越えの二塁打とすると、一走・吉川も激走。ところが、二三塁間で勢いあまってつまずいてしまい、盛大にズッコケ…。無事に三塁には到達してアウトにこそならなかったが、場内の大きなどよめきに照れ笑いを浮かべながら、バツが悪そうにうつむいた。

 なお、その後は中島が先制適時打を放って本塁に生還。自身のトホホなプレーを帳消しにしてくれた先輩野手の一振りに、笑顔を見せた。

関連タグ: