西武・山川が6号先制2ラン!「打った瞬間、手応えバッチリ」

2021年06月02日 18時50分

6号2ランを放つ山川

 西武・山川穂高内野手(29)が2日の巨人戦(東京ドーム)で6号先制2ランを放った。

 この試合に「4番・一塁」でスタメン出場した山川は二塁打の森をセカンドに置いた3回の第2打席、巨人先発・横川の外角高めに抜けたストレートを叩き逆方向の右中間スタンドへ先制弾を叩き込んだ。

 この日、巨人のスタメンマスクが山川の特徴を熟知する元同僚・炭谷だっただけに第1打席ではうまく緩急を使われ高めに浮いたフォークを空振り三振していた。

 しかし、その空振り球も仕留めたストレートも炭谷の構えたミットとは高低、コースが合っておらず、山川にとっては炭谷の存在にとらわれることなく横川の失投をシンプルに叩いた結果の本塁打となった。

 山川は「球種はちょっと分からない。打ててよかったです。打った瞬間、手応えバッチリでした」と振り返った。

関連タグ: