西武・岡田雅利が国内FA権取得「嬉しいが、今は目の前の1試合1試合全力で挑んでいくだけ」

2021年06月01日 17時29分

巨人戦の試合前、グラウンドで調整する岡田

 西武・森友哉捕手(25)を支える知恵袋でチームの名バイプレーヤー・岡田雅利捕手(31)が1日、出場選手登録7年の資格取得条件を満たし国内フリーエージェント(FA)権を取得した。

 岡田は球団を通し「このたび、国内FA権を取得できたことについて、まずは素直にうれしく思っております。いち野球選手として嬉しいことですが、今は昨年の悔しい気持ちをライオンズで晴らすために目の前の1試合1試合、全力で挑んでいくだけです。コロナ禍で大変な状況にもかかわらず、いつも支えていただいているファンの皆さん、監督、コーチ、スタッフの皆さん、そして家族に感謝しながら、この先も乗り切っていきたいと思います」とコメントを出した。

 岡田は森、山川のダブルMVPが1位、2位指名された2013年ドラフトの6位で大阪ガスから西武に入団。面倒見のいい性格で大阪桐蔭の後輩で正捕手・森の知恵袋として守備面、精神面を支えてきた。

 また、勝負どころでの〝ピンチバンター〟としての送りバント成功率は百発百中、ムードメーカーとしても有形無形の貢献を果たしている。

関連タグ: