西武・愛斗 先発・平井を救う逆転5号3ラン

2021年05月30日 14時01分

逆転3ランを放ち、喜ぶ愛斗

 西武・愛斗外野手(24)が先発・平井を救う逆転の5号3ランを放った。

 30日の阪神戦(メットライフ)に「8番・右翼」でスタメン出場した愛斗。2回表に阪神・糸井の2ランで2点を先制されたその裏、西武は阪神戦先発・村上から四球と安打で一死一、二塁のチャンスを作り打席に愛斗を迎えた。

 ここで愛斗は村上の2球目、スローカーブを読んでいたかのように体重を後ろに残し、自らのヒッティングポイントまで引き付けるとバットの芯でこれをとらえ左翼ポール際へ5号逆転3ランとした。

 値千金の一発について「打ったのはカーブです。チャンスでまわってきたのでランナーを返すことに集中して打席に入りました。平井さんが苦しみながらも懸命に投げてくれていましたので、援護したいという思いが強かったです。手応えは完璧でした。打てて良かったです。いつも初回の打席に入る前に中村さんにアドバイスをいただいていて、今日もそれが役に立ちました。中村さんに感謝です!」と振り返っていた。

関連タグ: