西武・今井達也は「左前腕の打撲」前日にピッチャーライナー直撃で降板していた

2021年05月30日 13時20分

29日の阪神戦で打球を左手に受けた今井達也

 29日の阪神戦で打球を左手首付近に受けた西武・今井達也投手(23)の診断結果が「左前腕の打撲」であったと30日、球団が発表した。

 今井は前日の試合の6回に近本のピッチャーライナーを左手首付近に直撃させ緊急降板。「調子がよかっただけに降板することになってしまって悔しい」とコメントを残し病院へと向かっていた。

 試合後、辻監督は「内出血はしていたけど、骨ではないと思う。今井も『大丈夫だと思います』と言っていた」と語っていただけに診断結果が本人、周囲を安心させていた。

関連タグ: