連敗ストップは3年目右腕に任せた! 巨人・戸郷が自身初の中4日で先発

2021年05月30日 05時00分

自身初の中4日での先発が決まった巨人・戸郷

 巨人が3年目右腕・戸郷翔征投手(21)に〝鷹狩り〟を託す。30日のソフトバンク戦(ペイペイ)の先発マウンドに、中4日で戸郷を抜てきした。前回登板の楽天戦(25日、東京ドーム)では5回94球4失点も、味方の援護で4勝目がついた。

「去年ああやって4連敗して負けているので。交流戦はいいイメージで勝って日本シリーズで挑めたらなと思う」と、背番号20はチームの鷹戦連敗ストップに向け意気込んだ。

 自身初となる中4日だが「やっぱり調整の難しさはある。短期決戦でそういうのをやる可能性があると思うので、早めにできるのはよかったと思う」と前向きに受け止めている。

 宮本投手チーフコーチは「戸郷がどういう意地を見せてくれるかってところに期待はしたい」と若武者に連敗ストップを託すと「翌日にゲームもないもんですから。全員でね、総力戦で戦って行きたいと思います」と救援陣のフル稼働を宣言した。

関連タグ: