オリックスのエースと主砲がお立ち台で揃い踏み 由伸「勝たせてもらって安心してます」

2021年05月28日 21時53分

オリックス・山本由伸

 オリックス・山本由伸投手(22)が28日のヤクルト戦(京セラ)で4月21日以来の白星となる4勝目を挙げた。

 7回を5安打2失点、9奪三振の好投で9―2と快勝。注目の村上との初対決もカーブで空振り三振、四球、二ゴロに抑えた。お立ち台では初回に先制の12号2ランを放った吉田正とエースと主砲が揃い踏み。

 山本が「勝たせてもらって安心している。勝ちがつかない試合が続いていたので助かりました。(村上は)いい打者なので何とか結果として抑えられた」と話せば、吉田正も「初球からいいスイングができた。初回に大量点が取れれば乗っていける。勢いをつけられたと思う」と笑顔を見せた。

関連タグ: