ソフトバンク・栗原 “Gキラー” 襲名?の同点5号2ラン「追いつくことができて良かった」

2021年05月28日 19時38分

初回に同点2ランを放ったソフトバンク・栗原

 ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が28日の巨人戦(ペイペイ)の第1打席で5号2ランを放った。

 2点を先制された直後だった。初回、一死二塁の場面で巨人先発・畠のチェンジアップにうまく反応して右翼ホームランテラスへ。一振りで追いつく一発に「先制を許した直後に追いつくことができて良かったです」と手応えを口にした。

 栗原といえば昨年の巨人との日本シリーズで14打数7安打1本塁打4打点の活躍を見せてMVPに輝いた。〝Gキラー〟襲名? ともいえる活躍を見せている。

関連タグ: