ソフトバンク戦の連敗阻止なるか…初回2点先制も畠が2被弾で逆転許す

2021年05月28日 18時52分

巨人・畠(左)は栗原の一発を食らいこの表情

 巨人・畠世周投手(26)が28日のソフトバンク戦(ペイペイ)に先発し、初回から2ランを被弾した。

 粘られた末に、内角へ投じたスライダーを仕留められた。初回一死二塁の場面で3番・栗原への8球目をうまくとらえられ、右翼フェンスを越えられた。

 初回の攻撃では相手のミスもあって、幸先よく先制した。二死から吉川が内野安打で出塁すると、岡本和が四球を選び、スモークが死球で満塁。続く丸の一塁への痛烈なゴロが中村晃のミットの下をすり抜ける失策で、2点のリードを奪った。

 2点のリードをアッという間に吐きだすと、畠は2回一死からバレンティンに1号ソロを浴び、序盤で主導権を奪い返された。

 巨人はソフトバンク戦では、2年前に交流戦で対戦した第3戦から同年、昨年の日本シリーズを合わせて9連敗中。オープン戦まで含めると12連敗となっており、一矢報いたいところだが…。

関連タグ: