源田が新型コロナ感染の西武は大量14人を入れ替え メヒアが今季初昇格

2021年05月28日 17時13分

西武・メヒア

 日本野球機構(NPB)は28日、公示を発表した。

 27日に主将の源田壮亮内野手(28)が新型コロナウイルスに感染、濃厚接触が疑われる7選手が広島戦のベンチ入りを外れた西武は源田、佐野、ニール、柘植、金子侑、木村、愛斗、熊代の8名の登録を抹消し、エルネスト・メヒア内野手(35)、佐藤龍世内野手(24)、綱島龍生内野手(21)、斉藤誠人捕手(25)、岸潤一郎外野手(24)、川越誠司外野手(27)を登録した。

 抹消の8選手は「特例2021」の対象選手で登録の6選手はその代替選手となる。

 源田は前日の広島戦前の宿舎で37・5度の発熱症状を訴え、PCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性反応が出ていた。濃厚接触の疑いのある7選手については球団が独自の判断からベンチ入りメンバーから外し試合は19人で行っていた。

関連タグ: