中日が交流戦単独首位 与田監督は木下拓の同点弾に目細める「打ち損じをせず見事」

2021年05月28日 01時28分

4回、同点3ランを放つ木下拓

 中日が27日のソフトバンク戦(バンテリン)に3―3で今季8度目のドロー。今季初の同一カード3連勝こそ逃したが、4年連続日本一の絶対王者に対して2勝1分けと負けずに勝ち越しに成功し、交流戦で単独首位に立った。

 先発の勝野が、初回に4安打を集中されるなど、3点の先制を許す苦しい展開だった。しかし4回、木下拓が無死一、二塁で迎えた第2打席で左越えに値千金の5号3ランを放ち、同点。その後は両チームの救援陣が踏ん張り、得点が入らなかった。

 木下拓の成長について与田監督は「ほんと打ち損じをせず、見事だった。昨季終盤から打撃面も良くなってきたし、悪いところが続かないというか、強引さが出たと思ったらセンター前にしっかり打つように変えていくとか、そういう器用なところが出てきたのでは」と目を細める。

 交流戦前まで貧打が深刻だったが、3点を追う2回無死一、二塁の好機でも木下拓に送りバントのサインはなく、結果は空振り三振に倒れた。それでも2打席連続で木下拓を打たせた意図について与田監督は「いつもすべての選手に打たせたいが、なかなか点が入らないときに、いろんな作戦はやっていく。でも、昨日からの状態もいいし、そこはそういう選択をしたということ」と説明した。

 交流戦が始まると木下拓は確変モードへ突入。試合前での2試合では7打数5安打で打率7割1分4厘と王者ソフトバンク投手陣を打ちまくっていた。

 捕手らしい“読み”がズバリ的中した同点3ランに、与田監督は「読みは僕は分からないけど、やはりストライクを取りにくる甘いボールを仕留めるというところを、いろいろ考えたのでは」。竜の正捕手の打棒に期待し、それが奏功した。

関連タグ: