ロッテ・佐々木朗希が夢のマウンドでプロ初勝利「甲子園は楽しかった」

2021年05月27日 21時15分

ウイニングボールを持つ佐々木朗希とポーズを取る井口監督

 ロッテの佐々木朗希投手(19)が、27日の阪神戦(甲子園)に先発し、5回4失点ながらプロ初白星。試合後のヒーローインタビューでは「うれしいです。はじめての甲子園だったので雰囲気を感じながら一生懸命投げようと思ってました。(甲子園は)楽しかったです」とはにかんだ。

 大船渡(岩手)高校時代は、3年夏の岩手県大会決勝で敗れ「あと一歩で」とどかなかった聖地・甲子園のマウンド。初回に荻野の先頭打者本塁打で先制してもらった直後、緊張気味の表情で迎えた立ち上がりは、左飛、遊ゴロ、三振で三者凡退という完璧な内容でセ・リーグ首位の阪神打線を0で封じた。

 だが、2回に直球を狙い打たれて大山、サンズに長短打を浴びて無死一、三塁のピンチ。ここで佐藤輝との「怪物対決」となったが、直球勝負を挑んだ末に三遊間を破られ同点タイムリー。二死後には投手のアルカンタラにもまさかの右前適時打を許してしまった。

 続く3回にはサンズに右前適時打、5回にも同じサンズに右越え適時二塁打を喫して計4失点。この回、94球を投げ終えてマウンドを降りた。MAXは154キロだった。

 それでも味方打線が6回に3点を奪い逆転に成功。これも朗希の持って生まれた強運なのか、勝ち投手の権利が転がり込んできた。

 試合は8回にもマーティンの16号ソロが飛び出し、6―4で逃げ切り勝ち。高校時代にかなわなかった夢のマウンドが「プロ初勝利」という記念すべきマウンドになった。

関連タグ: