ヤクルト・奥川 交流戦初先発で6回2失点の好投「自分の投球をすることができた」

2021年05月27日 20時20分

日本ハム戦に先発したヤクルト・奥川

 ヤクルトの奥川恭伸投手(20)が27日の日本ハム戦(神宮)で、交流戦初先発。6回6安打2失点の好投を見せた。立ち上がりは安定してなかった。初回、先頭の五十幡にいきなり二塁打されるなどして二死一、三塁のピンチを招き、渡辺に適時打で先制を許した。

 2回も石川に安打されるなどして二死二塁と走者を背負い、五十幡に適時打で2失点目。ただ、3回以降は走者を出しながらも粘って投げて得点は許さなかった。奥川は「立ち上がり少し投げ急いでる感じがあり、少し思い通りのピッチングができなかったが、3回以降修正して自分のピッチングをすることができました」と話した。

関連タグ: