西武・源田がコロナ陽性 先発予定のニールら7選手がベンチ外でダーモディが急きょマウンド

2021年05月27日 18時44分

西武・源田

 西武は27日、37・5度の発熱症状により広島戦(マツダ)のベンチ入りメンバーを外れた源田壮亮内野手(28)が新型コロナウイルスに感染していたことを発表した。

 源田はこの日午前中から発熱の症状があり、PCR検査を受けたところ陽性が判明した。

 また、24日の広島到着後、源田と接触している佐野、ニール、柘植、金子、木村、愛斗、熊代とスタッフ1人の合計8人を球団の判断でベンチ外とした。

 これにより、この日の試合に先発予定だったニールに代わってダーモディが急きょ先発マウンドに立った。

 ベンチ入りメンバーはわずか19人となり、野手は捕手の岡田と、外野手の鈴木の2人のみという陣容でこの試合に臨んでいる。

関連タグ: