ソフトバンク栗原が気を吐く3安打「何とかつなぐという意識で」

2021年05月26日 22時51分

先制タイムリーツーベースを放った栗原陵矢

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手が26日の中日戦(バンテリンドーム)で3安打1打点の活躍。チームは敗れたが快音を響かせて気を吐いた。

 3番打者として直近5試合は17打数9安打と打撃好調。ここまで打率3割1分4厘、4本塁打、25打点の好成績で打線をけん引している。

 現状について「いいポイントで捉えることができている。後ろにいいバッターが続いているので、何とかつなぐという意識で打席に入り、力みなくスイングできていると思う」と自己分析。「チームが勝てるように、やるべきことを継続してやっていくだけです」と勝利につながる打撃を続けていくことを誓った。

関連タグ: