中日・阿波野投手コーチが鷹打線攻略に自信「去年対戦していない分、投手有利」

2021年05月25日 11時55分

自信満々の阿波野コーチ(球団提供)

 中日・阿波野秀幸投手コーチ(56)がタカ打線攻略に自信をのぞかせた。

 25日から始まる交流戦の初っぱなの相手は日本シリーズ4連覇中のソフトバンクとの3連戦(バンテリン)。相手打線は12球団トップのチーム打率2割6分4厘と勢いがある。

 しかし、中日はチーム打率2割3分6厘でリーグワースト、18本塁打、115打点、125得点はいずれも12球団ワーストだが、チーム防御率2・84は12球団トップを誇る。

 それだけに阿波野コーチは「ピッチングスタッフで頑張って向かっていきたい。パ・リーグといえば打撃という部分があるが、引いて見るのではなく、攻める気持ちでいきたい。昨年は交流戦をやっていない。1年空いて対戦していない分、投手が有利」ともくろんでいる。

 守護神のR・マルティネス、ロドリゲスの2投手が五輪予選のため離日した不安要素もあるが、「ライデルが抜けた部分はベンチでやりくりしないといけないので、しっかり考えたい。45試合戦って良い点と悪い点があるが、投手は良い点の方が多いので、すごく頑張ってきた。同じように戦っていきたい」と前向きに話した。

関連タグ: