ソフトバンク・工藤監督 初回の打線機能にニッコリ「4番がかえすということは…」

2021年05月23日 23時18分

初回、レフト前に先制打を運んだソフトバンク・柳田

 ソフトバンクが23日のオリックス戦(ペイペイ)に7―2で快勝。貯金7の首位で交流戦を迎えることになった。

 これで3カード連続の勝ち越し。その間、6勝1敗1分けと投打がかみ合い始めた。

 特に今カードは2戦とも初回に4番・柳田悠岐外野手が先制点を叩き出す理想的な展開。前日は甲斐、この日は牧原と、いずれも2番で起用した選手が出塁してチャンスメークした。

 指揮官は「4番がかえすということは、その前にランナーが出ているということ。ランナーが出ている状態で常に柳田君の打席を迎えることが大事だと思う。柳田君の集中力にもつながって得点になっている。投手にも勇気が持てる得点にもつながっている。チームにとっていい流れになっている」とニッコリだった。

関連タグ: