乱闘注意! ヤクルト・オスナに「カンフーの達人だった」説が浮上

2021年05月23日 22時16分

「鶴の構え」からハイキックを繰り出すオスナ

【目撃】ジャッキー・チェンのカンフー映画「ベスト・キッド」を思わせる「鶴のポーズ」を披露しているのは、ヤクルトの新助っ人、ホセ・オスナ内野手(28)。

 ストレッチそっちのけで「アチョー」と華麗なハイキックを繰り出し、ナインの注目を集めていた。

 その後のDeNA戦でも4打数3安打1本塁打と大爆発。フレンドリーでおちゃめな性格といい、なんだか優良助っ人の予感がしてきました。

(5月23日、神宮球場)

関連タグ: